シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

納豆が苦手だったけど克服した話

納豆が苦手でした。
あのニオイがどうにも苦手で。5年に1回くらい挑戦するのですがことごとく敗北。それ故、納豆好きの相方には申し訳ないと思いつつ我が家の食卓には今までほとんど登場しませんでした。

そんな私がついに納豆に目覚めました!きっかけは…なんなんだろう?年齢・体や味覚の変化?それもありますが、やっぱり納豆って体にいいんだな、食べたいなと強く思うようになったことでしょうか。

納豆を食べたいと思ったきっかけ

納豆といえば言わずと知れた健康食。


f:id:ringringo:20170921153646j:plain

納豆 - Wikipedia

テレビや雑誌などでもちょくちょく取り上げられているので、『何がどこに効く』とか『どんな成分が含まれている』などそこまで詳しいことは知らなくても、多くの人が『体にいいらしい』ということはインプットされているのでは?かくいう私もその一人で、だからこそいつかは食べられるようになりたいとただ漠然と思っていたのでした。

1冊の本と出会う

そんな時、1冊の本と出会いました。
『栄養素キャラクター図鑑』

 

子どもがイラストを気に入って買った本なのですが、栄養素をキャラクター化して、その働きや特徴はもちろん、不足したり、摂りすぎると体にどんな影響があるのか、また、『生息地』と称してどういった食品に多く含まれているかなど分かりやすく解説してくれています。『僕が不足すると肌がカサカサになるんだよ…』みたいなことも書いてあるので子どもが『母、これが足りてないんじゃない?』といちいち教えに来てくれたり。
だんだん私も気になってきて読んでみると、『生息地』に納豆や大豆がけっこうな頻度で出てくるんですよね~。

「これはやっぱり納豆食べるしかないわ」
と決意しました。

納豆選び

私の食べ方をご紹介。納豆が苦手な方には参考になるかも?
まず、食べ方というよりも納豆選びから。
私の場合、ニオイが一番の苦手要因だったので、最もニオイが控え目であろうと思われた『ミツカンにおわなっとう』

f:id:ringringo:20170921162802j:image

 

www.mizkan.co.jp

におわない納豆、におわん納豆、におわなっとう…ミツカンさんがネーミングでここまで言い切っているのだから間違いないでしょう!という思いのもと試してみたところ、今までで一番食べやすかったです。納豆好きな方からすると無臭に近いらしいですが、やはり無臭ではないw

最強!青じそドレッシング

『におわなっとう』は他のものに比べて確かにニオイが少ないです。タレも付いていますが、最初はそれだけではやっぱり納豆のニオイが気になって。もうひとパンチ欲しいと。
そこで相方から勧められたのが、青じそドレッシングです。えー!?と半信半疑使ってみると青じその香りが絶妙に納豆の香りを弱めてくれて『美味しい!』ほぼ納豆の香りが気にならなくなりました。(この瞬間、私の中で納豆の『ニオイ』は『香り』になった)

青じそドレッシング納豆、最強!
そして、だんだんと納豆に慣れてくると、他の納豆でもニオイが気にならなくなってきて。こうして私はついに人並みに納豆を食べられるようになったのでした。 

 

と、いうことで

栄養のバランスはできるならサプリメントなどでなく、普段の食事の中で整えたいと思うのは私だけでないはず。納豆がすべての栄養バランスを補ってくれるわけではないけれど、食べられるようになったことは私の中では大きかったです。使えるアイテムを1つ獲得した!感じ。
これも『におわなっとう』さんのおかげです。開発してくれた人に感謝。
ありがとうございました!

何歳になっても、『好き嫌いを克服できた』っていうのは嬉しいものですね。ニンジン嫌いなあのコにも今度教えてあげようっと(^-^)