シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

椅子カバー張り替えました

今使っているダイニングテーブルと椅子を買ってから7年。テーブルも椅子もだいぶんくたびれてきてしまいました。

f:id:ringringo:20170615115423j:image

特に椅子の座面部分(合皮)はヒビが入ったようになったり破れた部分もあったりで、布製のカバーを取り付けて誤魔化していましたが、座っているうちにズレてしまうなど使用感がイマイチ。

そこでダイニングセットを買い替えることに!

とはならず、椅子のカバーを張り替えることにしました。しかも自分で。そんなのやったことないのに、不器用なのに・・・考えるだけで楽しい(笑)

張り替え準備

方法については『椅子 カバー 張り替え』を検索。色んな方の方法を参考に試行錯誤しつつ、やってみました。

用意したもの

ウレタンシート
ビニールレザー
タッカー&タッカー針
マイナスドライバー
六角レンチ
プライヤー
千枚通し
ハサミ
メジャー
など

ウレタンシートとビニールレザーは近所のホームセンターで探してみましたが置いてなかったので、DIYショップ - RESTAさんで購入しました。

タッカーはカバーの張替えなら100円ショップのものでも十分使えるようなので、ダイソーで購入(ちなみに300円商品でした)

f:id:ringringo:20170615115505j:image
タッカー針はMAXのステープル T3-6M を用意したかったのですが、近くのお店で在庫がなく、結局MAXのホッチキス針 である No.3-1M を使いました。(ホッチキス針の使用は自己責任ということで。)

張替え作業

椅子から6角レンチで座面を取り外しタッカー針を外します。
マイナスドライバーや千枚通しで針の端を浮かせるようにしたあと、プライヤーで引き抜くのですが、最初はこの作業にかなり手間取り、針を外すだけで1時間以上かかってしまいました。でも、何度かするうちに段々とコツを得て楽しくなってきたー!最終的には取り外しから仕上がりまで1時間ちょっとくらいでできるようになりました。雑なのか?いえいえ、人は成長するということにしておきましょう(笑)

f:id:ringringo:20170615115543j:image 

傷んだカバーを取り外してみると思ったよりウレタンの状態が良かったので、古いものの上に新しいものを重ねて使用しました。クッション性も増して気分も上がります。

f:id:ringringo:20170615115610j:image
ウレタンを新しいビニールレザーで包み込んでタッカーでとめ、再び椅子に取り付ければ完成。

 

f:id:ringringo:20170615120023j:image

どうでしょうか。

実際に間近で見るとアラだらけ・・・ですが、私としては上出来!
作業を横で見守っていたからか、家族も仕上がりについては大目にみてくれているようです。(あまり言うと私が拗ねて面倒だからかもしれませんが)

張り替えから3ヶ月。
実は一番気になっていたのはホッチキス針の件です。
今のところ『ホッチキス針が外れてきた』なんてことは起きていません。
タッカー針を外した後にホッチキス針を使ってみて感じたのは、明らかに針の頑丈さが違うということでした。ホッチキス針は柔らかく、止めるのを失敗したときに取り外すのも楽でした。ということは、タッカー針に比べて止まりが甘いのか?とやや心配に。でも、(素人的には)今のところ問題ないです。
決してタッカーにホッチキスの針を使用することを推奨するわけではありませんが、今回の使用に関していうと自己責任での代用はありかなと思いました。

次は本棚を作りたい!・・・と夢は膨らみます。
どうだろう、さすがにちょっと無理かなぁ。