読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

春色ふきん

愛用品 生活

少しずつ春らしくなってきました。

f:id:ringringo:20170223121959j:plain

お店のディスプレイがすっかり春色に変わっていたり、新生活グッズのコーナーを見ていると気分も春めいてきますよね。

 

身近なものに春色を取り入れてみた

そんな中、私も日常生活の中に何か春っぽい新しい物を取り入れたくなって、これを買ってきました。

f:id:ringringo:20170305091943j:image 

ダイソー マイクロファイバーふきん
本当にささやかなものです(^-^)
ピンク色=春

分かりやすい(笑)

実はこのマイクロファイバーふきん、とてもいい仕事をしてくれるのです。
というのも、これを使うと水拭きだけでテーブルの鉛筆汚れ(黒ずみ)が取れる! 

リビング学習の悩み=鉛筆の黒ずみ

以前にもお伝えしましたが、我が家ではダイニングテーブルを勉強机としても使用しています。

simple-sisso.hatenablog.com

 

ダイニングテーブルを使ってのリビング学習は、親子・姉妹間のコミュニケーションがはかれたり、勉強の理解度を知ることができたり、いい面もありますが、(どうでもいいような内容の)姉妹喧嘩が勃発したり、学校の話で盛り上がりすぎて勉強が脱線したりと困った面もチラホラ。そこは一長一短です。そして、それとは別に私にとって少し憂鬱なことが。それは、机に残る鉛筆の黒ずみでした。(ほんの些細なことですが、日々重なるとため息をつきたくなるときもある・・・。)

マイクロファイバーふきんのチカラ

鉛筆の黒ずみって水拭きだけでは取れないんですよね。以前は気になった時に住宅用洗剤を使って取っていました。

当初、マイクロファイバー布巾は台拭き用としては使用していなかったのですが、ある日何となくダイニングテーブルを拭いたところ、マイクロファイバー布巾で拭いた部分だけ机の色が明るくなったように感じ『ん?何これ?』と、再度机を拭いてみるとやっぱり。

『あれ?机黒ずんでた?黒ずみ、消えた!?』

なんと、マイクロファイバー布巾を使うと、水拭きだけで鉛筆の黒ずみが消える!(おいおい、どれだけ机汚いんだよっ!というツッコミは置いといて下さい。)


試しにわざと鉛筆で書いてみました(普段の黒ずみよりだいぶん濃いです。普段、黒ずみはこんなに濃くはありません)

これを

f:id:ringringo:20170306155142j:image

普通の布巾で水ぶきすると、こんな感じ

f:id:ringringo:20170306155149j:image

マイクロファイバー布巾で水ぶきすると

f:id:ringringo:20170306155202j:image

ほぼ消えてる!(最初書いてあったのは真ん中あたりです)

よく見るとうっすら跡は見えますが、ほとんど分からない程度まで汚れが落ちています。

 

それ以来、マイクロファイバー布巾はテーブル用として使用することにしました。本当に気持ちいいくらいきれいに黒ずみ汚れが取れます。机の表面のツヤ加工?まで取れてしまったらどうしようというくらいです。今のところ大丈夫そうですが。

マイクロファイバー布巾を使用するにあたっての注意事項としては

注意書きに書かれていますが、マイクロファーバー製のタオルでお肌を擦ると傷めてしまうので厳禁です。ナイロンやポリエステルより柔らかいものをこすると傷になるのです。人のお肌はもちろんのこと、家具のワックスや漆なども「それより柔らかいもの」なので強く擦ると剥げてしまいます。  

マイクロファイバーのタオル、ふきん等の扱い方 [洗濯] All About より

ということなので、家具の素材や加工によっては使わないほうがいい場合もあります。そこはまずは隅の方で試してみるなど自己責任で。

 

あんまりきれいに落ちるから楽しくて。今では拭きたいがために鉛筆の黒ずみを探すくらいです(笑)

マイクロファイバー布巾のおかげで無駄なストレスが減って、家族もみんな大喜び。だって小さなイライラは周りにも伝染しますからね~。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村