読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

空き缶で楽器作り

子育て

昨日、今日は子どもの自由研究に付き合ってました。
やっと1つ大物が終了。今週中にすべての宿題を終わらせるのが目標です。
頑張れ、子どもたち、そして私。


私の親は放任主義というか、私に関しては本当に扱いがいい加減で。
兄の自由研究は手伝うのに、私の分は「そんなのやらなくていい」と言い出したり。(ちょっと私かわいそうでしょ?)今思うと、というか子供心にも「メチャクチャやー」と思っていましたが、夏休みの課題って大変なのは子どもだけじゃない。私の親の気持ちも少しは分かる気がしました。でもさすがに、「やらなくていい」はない!(笑)

 

空き缶(スチール缶)で作るシロフォン


大変だけど、長女が小学1年生のとき作った「スチール缶で作るシロフォン」、あれは楽しかったなぁ。

小学生になって初めての夏休みの宿題。「リサイクルで作るおもちゃ・工作」というお題で、1作品、提出するようになっていました。リサイクルでおもちゃ?工作!?といわれても何を作っていいのか、何が作れるのかサッパリ分からず(^_^;)
家にありそうな物で何かできないか調べていると面白そうなものを見つけました。
それが「スチール缶で作るシロフォン」です。

確かこちらを参考にさせていただいたように思います。

上畑美佐江のリサイクル楽器手作り工房
 http://www.fan.hi-ho.ne.jp/uehata/gakki2.htm


スチール缶の底面を凹(へこ)ますことで音階を作りだすことができるんです。
ちょうど頂き物の缶ジュースがスチール缶だったので、これだ!と飛びつきました。

だいぶん前なのでうろ覚えですが、確かこんな感じでした。 

準備したもの

  • スチール製の空き缶
  • 針金ハンガー(よくあるクリーニング屋さんでもらう物)
  • 針金(手芸用のワイヤーなど)
  • ドライバー
  • 穴あけ
  • 紙(缶の側面飾り用)
  • 使い古しの歯ブラシ


作り方

  1. スチール缶のプルトップ部分は外し、側面上部2ヵ所に針金(ワイヤー)を通す穴をあけておきます
  2. 空き缶の底面をドライバーなどを使ってへこませます
  3. へこませ具合で音階が変わるので、鍵盤ハーモニカなどを使って音階を合わせていきます
  4. 空き缶の側面の穴にワイヤーを通し、クリーニングハンガーを変形させたものにぶら下げると完成

 

ドレミ缶

命名「ドレミ缶」
リサイクルな感じが全面に表現されてます(笑)ラップの芯も利用してたみたいですね。

もしかすると完成後に音階を微調整する必要があったような気もしますが・・・すみません、忘れてしまいました(^_^;)


歯ブラシの柄をスティック代わりにして側面を叩いて音を出します。
ド〜ソまで作ると『ちょうちょう』を弾くことができるんですよ(^_^)


空き缶などの材料を用意したり、音階を当てはめる(合わす?)作業やどの曲が弾けるか調べたり、飾りつけしたりするのは子どもの役目。力仕事は親が手伝いました。
学校に持って行ってからも、しばらくはクラスのみんなで休み時間に楽しんでいたようで、娘が嬉しそうに話していたのを覚えています。

工作物を提出したのはこれが最初で最後でした。
だから余計に思い出に残っているのかもしれません。

スチール缶をこんなふうに利用することができるなんて、おもしろいですよね。
スチールパン(スチールドラム?)と同じような原理らしいです。

捨てる前にお子さんとこうやって遊んでみるのも楽しいかもしれませんよ~!

 


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援に1クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村