読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

初めて飲んだルアックコーヒー

生活

知り合いの方からインドネシアのお土産ということでルアックコーヒーをいただきました。

ルアックコーヒー

 もう何年も、普段はインスタントコーヒー生活の私。

「ルアックコーヒー?聞いたことないけど、どんなコーヒーかなぁ」
といつものように何気なく調べてみると、なんと、大変希少で高価なコーヒーではないですか!ちょっとビックリしてしまいました。
皆さんは知ってましたか?

ルアックコーヒー(luwak coffee)って?

 

ルアックコーヒー(luwak coffee)とは、コピ・ルアク(kopi luwak)とも呼ばれています。

コピ・ルアクインドネシア語 Kopi Luwak)とはジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことである。「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。日本では, コピー・ルアークやコピ・ルアック、ルアック・コーヒーとの呼称も通用している。独特の香りを持つ。産出量が少なく、高価である。

                   コピ・ルアク - Wikipedia より

糞から採取されると聞くと、一瞬ギョッとしますよね。でも、熟したコーヒーの実を食べたジャコウネコの糞からコーヒー豆を取り出し、きれいに洗浄、乾燥させた後、高温で焙煎するそうなので、そこは信じてます(笑)

ジャコウネコ腸内の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵によって、コーヒーに独特の香味が加わるそうです。
一体どんな味なんでしょう!

ルアックコーヒー(luwak coffee)飲んでみたよ


さてさて、そんな希少なルアックコーヒーluwak coffee)を飲んでみました。

インドネシア風の飲み方としては、コーヒーカップに直接コーヒーの粉を入れてお湯を注ぎ、粉が沈殿してから上澄みだけを飲むそうなんですが、今回はペーパードリップでいれてみました。  

淹れ方

淹れ方


淹れ方は一応パッケージの裏に記載されていました。ただし、英語で(汗)

ポイントは

  • 1杯(180ml)につき8~10gのコーヒー粉
  • 80℃くらいのお湯で

ということでOKかな?

粉はとても細かくて、ペーパーフィルターでも大丈夫なのかな?と思いましたが問題ありませんでした。いい香り~(^_^)

いい香り


どうでしょう・・・見た目は、普通のコーヒーとそう変わりませんね(^_^;) 

飲んだ感想

独特の香りを持つ・・・ということですが、その独特な感じは残念ながら私には分かりませんでした。でも、いい香りでしたよ~(^_^)


それよりも不思議だったのは後味。
口に入れたときにはコーヒー独特の苦味がありますが、飲んだあとの後味が驚くほどにすっきりしていて。口の中に嫌な苦味が残らないんです。
コーヒーを飲んで、ふぅーっと一息、深呼吸するとコーヒーの後味がなくなるような不思議な感覚です。こういうことって今までなかったような・・・。

この感じが良いのか悪いのかは分かりませんが、私は好きかも。

私にはこのくらいの感想が限界です。
せっかく希少なコーヒーなのに。ごめんよぉ、ルアク。

でもまだ何回か楽しめそうなので、今度は現地風の入れ方も試してみようと思っています。

お土産をいただいたおかげでとても貴重な体験ができました。
どうもありがとう!


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援に1クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村