シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

お気に入りの手ぬぐいで暑さも少しやわらぐ!?

「暑い!」と言わないようにしようと心に決めた瞬間から「暑い!」と言ってしまいます。
そのぐらい暑い・・・

暑そうなイメージ

外に出るときもアッという間に肌がジリジリ、汗がじっとり。


汗は肌荒れしたりするのでマメに拭き取るようにしていますが、そんな時に重宝するのが『手ぬぐい』です。 

手ぬぐいのいいところ

うちの手ぬぐいたち

うちの手ぬぐい達

家族みんなで使っています。

私が実感する手ぬぐいのいいところを勝手に挙げてみました。

  • 肌触りが良い
  • すぐに乾く
  • 首にかけることができる(巻ける)
  • たたむと小さくなる
  • 可愛い柄のものがたくさんある
  • 色んな使い方ができる

それでは一つ一つ愛情を持って説明いたしましょう。

肌触りが良い

手拭いは基本的に木綿の平織り布でできています。
使えば使うほどに生地が柔らかくなり、汗を拭いても首に巻いても肌になじんでしっくりきます。優しい肌触りで、敏感肌の私にはとても嬉しいです。

すぐに乾く

ぬれた手や汗を拭いて湿っても、薄いのですぐに乾きます。
今の季節なら使用後に水洗いして干すと1時間もすれば乾いてしまいます。

私は外から帰った後、

使用した手ぬぐいを水でぬらして絞る
→ 体を拭いてスッキリ
→ そのまま水洗いして手絞り
→ 外に干す

という感じで使っています。 

首にかけることができる(巻ける)

細長いので首に巻くことができます。
首の後ろが日焼けしそうなときや作業中などすぐに汗が拭きたい時にちょうどいいです。
そして暑さが厳しい日には、小さな保冷剤を手ぬぐいに巻き込んで首の後ろを冷やすようにしています。これは就寝時にも使えますよ~ 

たたむと小さくなる

手ぬぐいは薄いので吸水性はどうしてもタオルに劣ってしまいます。
その代わりに先で書いたように乾きやすいですし、タオル地と違って薄いため、たたむと小さくなりバッグの中でも場所をとりません。
私はタオルハンカチと手ぬぐいの両方を持つようにして使い分けています。

可愛い柄のものがたくさんある

古典的な柄のものから季節感のある柄、モダン柄、カラフルなものやシックなものまで、今ではさまざまな柄の手ぬぐいがあります。
100円ショップにも年中並んでおり、遊び心のある柄のものも気軽に楽しめます。

ただ素材感についていうと、100円ショップのものはちょっとゴワゴワしています。
洗うと徐々に柔らかくなってくるのかな?と思って使っていますが、他のものに比べると明らかにゴワついているのが分かります。優しい肌触りにはまだ遠い感じです。糸の質や織り方の違いなのでしょうか。肌に触れる使い方の場合はやはり柔らかいもののほうが気持ちいいですね。

色んな使い方ができる

私はもっぱら首に巻くか汗を拭くかという使い方ですが、それだけでなく、包んだり、飾ったり、着たり(!)最近では色んな使い方が紹介されていて使用の幅も広がっているようです。

色んな使い方を試してみたいとき、100円ショップの手ぬぐいはピッタリ!気軽に楽しむことができ、(季節によるかもしれませんが)柄も豊富なので言うことなしです。 

手ぬぐいが使ってみたくなった?

いかがです?手ぬぐいが使ってみたくなってきたでしょう?(笑)
いや、本当に。
炎天下、スーパーから自転車で帰ってきて手ぬぐいを外し、水にぬらした手ぬぐいを腕や首にかけると「生き返る~」というくらい冷たくて気持ちいいです。
この幸せを伝えたくて今日は手ぬぐいのことを書いてみました。

ちなみに冬は冬で首やのどを暖めるのにちょうどいいです。
敏感肌の方はチクチクしないのでおススメです。

最近は旅先でも土産物として手ぬぐいを置いているところも多くなってきました。
行く先々で旅の思い出として手ぬぐいを選んでみるのも楽しいですよ。

あなたも暮らしの中に「手ぬぐい」いかがですか?



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援に1クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村