読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

粗品タオルを台ふきんに

台ふきんがかなり傷んできたので新しくすることにしました。
私がここ最近使っているのは頂いた粗品タオルをリメイクしたものです。

最近は頂くことも少なくなってきましたが、お店の名前が大きく入った粗品タオル、どうしてますか?

家で使っているタオルは一応色や素材を合わせているので、そこに違うものを混ぜるのもなぁ・・と思ったり。でも、粗品タオルも意外と厚めでフカフカの生地のものもあったりして、すぐ雑巾にしてしまうのももったいないような・・と頂くといつも悩んでました。そのうちどんどん溜まっていったりして。


そんな粗品タオルを台ふきんにすることにしました。
吸水性もあって使いやすいサイズなので重宝しています。

さて、それでは粗品タオルのリメイクです。

 

粗品タオル活用法~台ふきん

 

お店の方には申し訳ないけれど、お店の名前が印字された部分は取り除いて台ふきんにしてしまいます。

 

粗品タオルで台ふきん

【作り方】

  1. 粗品タオルの名前が印字された部分を切り取る
  2. タオルを半分に切り分ける
  3. 切り裁った部分を3つ折にして並み縫いする
  4. 完成!

清潔感あふれる真っ白の台ふきんの完成です!

粗品タオルで台ふきん

 

薄い生地の場合は折り重ねて縫うといいかも。
切り取った印字部分はウエスにします。

裁縫は興味があるし好きだけど、致命的に不器用な私。でもこれならできます!
手縫いでチクチクしてもそれほど時間もかからず。
多少縫い目が下手でも自分で使うだけですし、大丈夫~

意図せず貰った粗品タオルが、一気に愛着あふれるアイテムに大変身。

ちょっと大げさですね。
でも、本当に少し手を入れるだけで気分的にも違ってきます。
名前は切り取ってても『あ、これは〇〇で貰ったタオルだ』とちゃんと思い出しますし、自分で縫ったのでけっこうボロボロになるまで使おうとします。


子どもの頃は家で使うタオルといえば粗品タオルでした。綺麗な柄のタオルは学校の行事や旅行などの特別な時用で保管場所も別のところ。まぁ、そのVIP待遇なタオルもたいてい贈答品なんですけど。
タオルと石鹸は買う物ではなかったです(笑)

今は以前のようにお店の名前が印字されたタオルを使っているのをあまり目にしなくなったような気がします。
もしかするとタオルを配るということ自体少なくなっているのかもしれませんね。

頂いたタオルを使わないなぁという時は『台ふきん』にするのもアリですよ~(^_^)



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援に1クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村