読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

本の夏フェス?読書フェア!

フラッと本屋に行ったら遭遇しました。

各社出揃う

各出版社による夏の読書フェア!

 

毎年この時期になると書店の店頭に様々な文庫が並べられますよね。
限定のカバーやコラボカバー、一冊買うともらえるオマケなど、文庫そのもの以外にも楽しめる工夫がされていてついつい立ち止まってしまいます。

 

装丁とタイトル、ズラーッと並んでいる本を見ると、アレもコレも読みたくなるのですが、今回買ってきたのはこれ!

私が買った本はコレ!

『一日江戸人』杉浦日向子

 

時代物(私が読むのは江戸時代の庶民の生活を描いたものが多いです)の小説を読むようになってから、その時代の人達がどんな暮らしをしていたのか、どんな楽しみを持っていたのか知りたくなって、ちょくちょくこういう本も手に取るようになりました。

 

以前はこんな本も。 


『絵でみる 江戸の町とくらし図鑑』江戸人文研究会、善養寺ススム/廣済堂出版

絵でみる江戸の町とくらし図鑑|株式会社廣済堂出版 kosaido publishing


これは実は図書館で借りて読んだのですが、江戸時代の街の様子や人々の職業、服装など江戸の暮らしがたくさんのイラストとともに紹介されていて、これを見て時代小説を読むとイメージがさらに広がっていくように思いました。

 

昔から歴史系は大の苦手だったのに、まさか自分でもこういう分野に興味を持つようになるとは・・・本は色んな可能性を与えてくれます。

 

ところで、各出版社から出されている夏フェアの案内パンフレット。
これっていつも貰ってきてしまう。私の夏のお楽しみ!
3社それぞれがオススメする文庫の紹介を読むだけで充分楽しめてしまいます(^_^)
実は帰宅して真っ先に読んだのは本じゃなくこちらの方でした(笑)
(本はこれから読みます!)

 

読んでみたい本がたくさんありすぎて、次はどの本を読むか選ぶのが大変。
宝くじ当たったら全部買ってみたいなぁ。

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援に1クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村