読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

扇風機&サーキュレーターの掃除をしました!

エアコン本格使用前から毎日のハードワークに耐えてくれている扇風機&サーキュレーター。

ガード表面のホコリはマメに拭えても気がつけば中の羽根にホコリが溜まってきてる!ひどくなる前にお掃除することにしました。 

扇風機&サーキュレーターの掃除法

掃除の方法は必ず使用機種の取扱説明書に従って注意して行います。

扇風機の掃除

モーター部位は乾いた布で軽く拭く程度にして、今回は羽根とガード部分をメインに掃除しました。

準備した物 

  • 取扱説明書(これ重要!)
  • 雑巾
  • 掃除機
  • フロア用ドライシート
  • 箸、竹串など柄が細長いもの(フロアシートを巻きつけて使います)
  • 綿棒
  • 中性洗剤(汚れがひどい時に使用します)

掃除手順

  1. 掃除する部分を取り外す
    まずはコンセントを抜いた状態でガードや羽根を取り外します。

  2. 掃除機でホコリを吸い取る
    掃除機のブラシノズルを使うと簡単にきれいにホコリを吸い取ることができます。最初から濡れた雑巾で拭いてしまうとホコリが余計に取れにくくなってしまうので気をつけて。

  3. 残ったホコリを乾いた布などで拭き取る
    私はフロア用のドライシート(100円ショップのやつ)を使いました。
    ドライシートはホコリを絡め取るだけでなく、取ったホコリも離しにくいようになっているので便利です。
    隙間等で指の届きにくいところはドライシートを竹串や柄の細長い物に巻き付けてホコリを絡め取ります。細かい部分には綿棒を使用しても。

  4. 固く絞った雑巾で表面を拭く
    水気が残ると良くないので良く絞った雑巾で拭き上げます。
    本体も一緒に拭いてしまいましょう!

  5. 組み立て直して終了!
    電源を入れてみてきちんと動くか確認してくださいね。

 

汚れが頑固に付いて落ちにくい場合は中性洗剤を溶かした水に浸してやると取れやすくなります。(が、くれぐれも取扱説明書に従ってくださいね)

ガードや羽根は丸洗いも可能な場合が多いのでそれもいいかもしれません。その場合はきちんと乾かしてから取り付けるようにします。

掃除後の感想

我が家の場合、扇風機はガードや羽根を取り外すことができるんですが、サーキュレーターは前ガードしか外すことができません。

掃除後のサーキュレーター

掃除機でホコリを吸い取るにしても限界があり、毎回、羽根の隙間から奥の方のホコリを取るのにひと苦労です。

 

今度買い換える時はこういう部分も考慮して選んだほうが良さそうですね。

 

涼むことはもちろん、エアコンと併用して部屋を効率的に冷やすため、その他にも洗濯物を乾かしたり、押入れの湿気を逃したり・・・気が付けば年中お世話になっている扇風機&サーキュレーター。
説明書によると、毎日使用している場合は20日~30日に1回のお手入れを推奨しているようです。
定期的にメンテナンスして大事に使っていきたいですね!

 

それにしても、昨日の暑さといったら!
掃除のために少し動いただけで、汗が滴り落ちるほどでした〜(^_^;)
今年の夏もやっぱり猛暑なんでしょうか。
先が思いやられます・・・

 

*最後まで読んでいただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援に1クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村