読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

夏のエアコン使用について考えてみました

蒸し暑かったり湿度を下げたかったりで、ついにここ数日、エアコン冷房を使うようになりました。

何時間もつけているわけではないですが、そろそろ今年の暑さ対策、冷房の使用についても考えた方がよさそう。

エアコン

今日は夏のエアコン使用について昨年の夏を振り返りながら考えてみたいと思います。 

初めてのエアコン冷房つけっぱなし生活

 昨年の夏は初めて冷房をつけっぱなしで生活しました。 

仕様

 

【つけっぱなし期間】

7月20日~8月10日 (22日間)

【設定温度】

29.5度 (冷房・風量自動)

【使用機種】

東芝ルームエアコン RAS-281EDRH(W)

【使用環境】

鉄筋コンクリート造の3階建てマンションの3階
日中はリビング(約12畳)のみで使用(南向き/ベランダ・掃き出し窓あり)
夜間は寝室(6畳)への扉を開放(和室/西窓あり)
サーキュレーター併用

【電気使用量】

382kWh (7月20日~8月10日の期間を含む電気の使用量)

 

どうだった?

7月の梅雨明け頃から猛烈に暑い日が続くようになりました。それまでは部屋の温度が30度を超えたり、風のない時など必要と感じた時に冷房使用するようにしていましたが、頻繁に使用するようになったため、7月20日以降、約20日間つけっぱなしにしました。冷房なしで日中を過ごせるようになったのは8月の中頃でした。


設定温度は基本29.5度で高めかもしれません。でも、暑すぎず、寒すぎず、快適に過ごすことができました。どうしても暑いときは29度~28度で温度調節したりもしました。


エアコンをつけっぱなしにしていたのは日中はリビングの約12畳のみで、夜間はそれに寝室を含む約18畳です。また、リビングの窓の外にはスダレをかけたり、夕方西日が差し込む時間帯には室内の遮光カーテンを閉めるようにしていました。日差しを遮ると室温の上昇も少し抑えられた気がします。
室外機については特に対策(日陰を作る等)していませんでした。

電気使用量について。我が家の場合、つけっぱなしの方が安い!ということはありませんでした。でも、思ったより電気代が高くなかったというのが正直な感想です。

 

8月分と9月分の電気使用量を比べてみた

 ※ただし、昨年の8月中旬~9月は曇りや雨の日が多く、気温が低い日も多かったので冷房の使用回数はいつもの夏より少なく、我が家の9月分の電気使用量も通常より少なかったと考えられます。比較自体が難しいことをご了承ください。そのため、ここからは特に考え方の1例、私個人の考えとして記しています。


8月分(つけっぱなし期間を含む)と9月分(必要な時だけエアコン使用)の電気使用量を比べてみました。

これは昨年の我が家の電気使用量(7~9月分)です。

2015年 7月 231 kWh (エアコン不使用)

     8月 382 kWh    (つけっぱなし期間含む)

     9月 286 kWh (必要時のみ使用。つけたり消したり)


検針が毎月10日なので、例えば8月分は7月10日~8月の検針日までの使用量というふうに考えてください。 

8月(つけっぱなし)と9月(つけたり消したり)では

382- 286= 96 kWh 

の差。100近く使用量が違います。
電気料金の目安単価を 27円/kWhとして計算すると

96 × 27= 2,592 円

少々乱暴ですが、これがつけっぱなしにしたエアコンの電気代とも考えられます。22日間の使用ですから、

2592 ÷ 22=117.81・・・
つけっぱなしエアコンの1日の電気代は約118円となります。

エアコンの電気代表示機能で確認した電気代では、暑い日で125円前後、曇りの日はその半額以下という日もありました。

前年との比較ができればわかりやすいのですが、2015年に引越しをして環境がずいぶん変化(東→西800km移動、日中不在→在宅)したので、今回は考慮しませんでした。

今夏のエアコン使用について

通常、エアコンは電源を入れてから設定温度まで下げるとき最も電力を消費します。つまり、設定温度と室内温度の差が大きいほど多くの電力を消費するということ。

我が家の場合は、

  • 昨今の猛暑
  • 鉄筋マンションのわりに上階に部屋がないためか冷房を切ると室内温度がすぐに上がってしまう(室温が変化しやすい=保温力低い)
  • つけっぱなしにして室温を一定の温度に保つことでエアコンが省電力運転に切り変わる(時間当たりの電気代が10円以下となる場合もあり)
  • 快適性、熱中症予防にもなる

これらのことを考えると、夏、最も暑い時期に冷房をつけっぱなしで生活することは無駄ではないように思います。


そして今年の課題は、ベランダの室外機。
コンクリートの蓄熱、反射熱で室外機付近の温度が下がりにくく、どうにかせねばと頭を悩ませています。賃貸マンションなので造作するわけにもいかず、スダレをうまく利用するか、室外機用の日よけを取り付けるか。

対策後、どうなったかはまた後日お知らせしますね。


エアコンのつけっぱなしは決して省エネでもエコでもありません。

ですが、つけっぱなしにするというのも選択肢の1つであることが分かりました。

今年の夏がどのような暑さになるのかまだ分かりませんが、暑さが酷い時期については無理をせず、上手にエアコンを使っていけたら・・・と考えています。


 

 

*ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村