シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

吊り戸棚の整理

 

皆さんは吊り戸棚に何を入れていますか?

 

吊り戸棚


我が家の吊り戸棚には、お弁当関連の物、保存容器、ラップや乾物類、調味料のストックなどが入っています。

『比較的手の届きやすい下段には普段使うものを、届きにくい上段には使用頻度の低いものを収納しましょう』
というアドバイスをよく見かけますよね。ザッツライト!その通り!

でも、吊り戸棚って、やっぱり位置が高いんですよね。下の段でさえ背伸びしないと手が届かない場所をどうやって有効に活用するか・・・大きな課題です。

私の身長は150センチです(泣)

  

吊り戸棚を考える

  

私が吊り戸棚を使う際に思うことは

  • なんとなく保存容器が多い気がする
  • なんとなくラップ類が取り出しにくい
  • なんとなく効率が悪い気がする
  • 物を取るときの体勢が不安定
  • 踏み台がないと届かない、踏み台があっても届きにくい

 

本当に『なんとなく』なんですけど、これがけっこうストレスを発生させます。キッチンの貴重な収納スペースなのに使い切れていない感がそうさせるんでしょうか。
この棚を使いこなすことができれば、キッチンスペースを今より快適に、より効率的なものに変えることができる気がするんですが・・・。

 

『want』で解決のヒントを探る

 

なかなか使いこなすことが難しい吊り戸棚。
漠然とそう考えているだけでは何も変わらない。『こう使いたいんだ』という自分自身の『want』を考えることで解決のヒントが得られるかもしれないと思い、いくつか挙げてみました。

 

① 体力的にも防災面でも重い物は置きたくない

② 利用する際もっとスマートに動きたい

③ 下の段以外はめったに使いたくない

 

なんだかパッとしませんね(汗)
否定的な「want」の方が多い気もしますが。
せっかく考えたので、①から順に検討します。


① 体力的にも防災面でも重い物は置きたくない

収納物の落下による事故やケガの可能性を考慮すると、

陶器やガラス製品
大きい or 重たい 家電製品

は置かない方がいいのかもしれません。

私の住んでいる地域では近い将来大きな地震が来ると予想されています。日本中、あらゆる地域で地震に対する備えは必要であり、その対策に皆さん苦慮されていると思いますが、私もその例外ではなく、できるだけ家族が安全に速やかに避難等できるような部屋作りを心がけています。

地震時はもちろん、不注意で物を落下させたりすることもあるので、無理な体勢での作業はできるだけせず、重くて壊れやすい物は置かない方が安全です。

 

つぎに②です。

② 利用する際もっとスマートに動きたい

これも手が届きにくいことからくる無理な体勢が関係しています。

保存容器など割と頻繁に使用する物は取っ手付きのカゴに入れていますが、取り出すときに上段の棚板に引っかかって中身が落ちてくることもあります。詰め込みすぎなんですね、きっと。保存容器の数を見直す必要があります。


また、使用しているラップ類。

ラップ置き

結構いろんな種類があります。

ちょっと増えすぎ。
出しておくとゴチャゴチャしそうなので吊り戸棚に収納するようにしていましたが、これも毎回背伸びして取ることを考えると位置を変えたほうが良さそうです。

特に使用頻度の高いものはシンク下の扉裏に移動させようと思います。 

 

最後に③。

③ 下の段以外はめったに使いたくない

貴重な収納スペースなので使わないという選択肢はありません。下段はほぼ毎日使用します。問題は上段です。必ず踏み台等を用意しなければ届かない場所です。

『上段には使用頻度の少ない物を』・・・『頻度の少ない』というキーワードでは曖昧だったので、私の中でどのくらいの頻度なら面倒(!)に感じないかを考えてみました。面倒かどうかは最重要事項です!

『1ヶ月に1回』です。わたしの場合『1ヶ月に1回』くらいの頻度であれば、
『あ~、もう!』とは思わない。たぶん(笑)

 

吊り戸棚を整理してみた

 

これらを考慮して、整理してみました。

まずは不要なものを処分。 

不要なものたち


お菓子道具や保存容器、使わない貰い物の湯沸しポットなど。『もっと捨てろっ!』と夫に突っ込まれそうですが、今回はこのくらいで。

  

そして、結局上段にはラップ類や乾物類のストック、お菓子作りの道具(使用頻度の少ないもの)を置くことにしました。
(家にあるものを使って整理したら、カゴの形や種類が全然揃ってない!)

整理後の吊り戸棚


お菓子作りの道具は普段使いのものと年に数回使用のものに分けて収納することにしました。そうすることでケースに収めることができたし、重さも問題なくなりました。(普段使いのものは吊り戸棚ではない取り出しやすい場所へ移しました)

右側の扉の方は調味料のストックです。ここは可動棚がなく、カゴの上の空間がもったいないような気もしますが、とりあえずこのままにしておきます。


いつも使っているラップ類が入っていた棚。
あれだけはまだ手付かずで。上段はもともとお弁当セットなのでいいとして、ラップ類は近々シンク下の扉裏へと移動させる予定です。

実はこれを早く何とかせねば!なんですが、準備ができてません。

いつも、思いつきで動くからこういうことになる・・・
いやいや、そんなことはない!

思い立ったが吉日!
善は急げ!
旨い物は宵に食え!?


あなたも自分にあった吊り戸棚の活用法、見つけてみませんか?

 

 

*ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村