シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

梅雨入り後でも遅くない!洗濯槽の掃除をしよう

また梅雨ネタかい!とそろそろ突っ込まれそうな気がします。
でも、やっぱり
梅雨って悩ましい!

雨、雨、雨。洗濯は部屋干しするしかないけど、なんだかニオイが気になる・・

部屋干し

 

どうしてもそうなっちゃいますよね。そんな部屋干しのニオイを少しでも減らすために原点回帰、洗濯槽の掃除をしてみました。

ニオイの原因!

 

部屋干しの嫌なニオイは洗濯で落としきれなかった汚れや雑菌が原因。
湿度が高く洗濯物が乾きにくい環境では雑菌が繁殖しやすいうえ、日光の紫外線による殺菌効果も得られにくいことから生じるといわれています。


そのニオイを抑える第1歩。
せっかく洗濯しても洗濯槽が汚れていたのでは仕方ないので、まずは洗濯槽を掃除することにしました。


【使用したもの】

洗濯槽クリーナーとゴミ取りネット

  • 洗濯槽クリーナー  75g×2回分 (酸素と酵素ダブルで効く!らしい)
  • 40度の湯
  • ゴミ取りネット(結束バンドと台所用の排水溝ネットで作ってみた)

 

洗濯槽を掃除!

 

  1. 40度のお湯を洗濯槽へせっせと運び、高水位まで湯を満たす 

  2. 洗濯槽クリーナーを投入。2~3分運転し、クリーナーをよく溶かす
    (我が家の洗濯機は7kg洗いなので2包入れました)

    洗濯槽の掃除1


  3. 電源スイッチを切り、そのまま6時間放置する

  4. 放置後、電源スイッチを入れ1サイクル(洗い、すすぎ)運転する。
    ※洗いの途中で一度停止して、ゴミ取り用ネットで浮いたゴミをすくい取る。

    洗濯槽の掃除2

    うわぁ~、で、出た~!(汚い画像をお見せして申し訳ありません)

  5. 再度、1サイクル運転し、剥がれ落ちた石鹸カスをすすぎ出す

    洗濯槽の掃除3

    スッキリ!


何かがいっぱい浮いてましたね(汗)たぶん前に掃除したのは半年前くらいだと思うんですが・・もっと前かな。これはスゴイというかヒドイ。

正直に言います。

洗濯槽を洗浄する際、実は今までお湯を使ったことがなかったんです。使用法のところにはきちんと推奨温度(40度)が書いてあるんですけど、何となく水でも大丈夫かなぁって。全然大丈夫じゃない!

布巾を煮洗いした時に酸素系漂白剤は温度が重要だと分かって。

 

simple-sisso.hatenablog.com

 

当たり前のことなんですけど、今回、説明書の通りにやってみました。

そしたらやっぱり・・・温度って大事だー!
もちろん酵素も温度によって働きが全然変わってくるようです。

みなさん、説明書には忠実に従いましょうね。

なんとか洗濯槽もきれいにできたし、これで少しは部屋干しした洗濯物のニオイも抑えられることでしょう!

あぁ、でも。2~3ヶ月に1度は洗濯槽もきれいにしたほうがよさそうですね。
反省。




*ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村