読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

『週末用つくりおき』はじめます

生活 つくりおき

週末の夕方になると家出したくなります。

自分以外の家族が休日モードの中、一人通常モードに戻って夜ご飯を作るのが億劫でたまらくなってしまうのです。外食は楽ですが、そんなにいつも行けるわけじゃないし。憂鬱な気分のまま食事作りに取り掛かります。作り出すとそうでもないのだけど、取り掛かるまでがちょっとシンドイ。
そんなことないですか?

1週間分の献立をあらかじめ決めるようになってからはかなり前向きにできるようになりましたが、それでも、もっといい方法がないかなぁ・・・と考えていました。

 
『つくりおき』に出会う


そんな時、気づきました。いつも献立を考えるときにお世話になっているサイトたち。そういえばどこのサイトにも『常備菜』『つくりおき』の文字が。なになに、そんなにいいものなのかー!?ということで、遅ればせながら試してみることに。

 

最初は副菜から 


まず試してみたのは副菜、付け合せ系です。保存期間は3日を目安に3~4種類作るようにしてみました。

参考にさせていただいたのは、こちらのサイトです。

cookien.com

保存期間や調理時間の目安が記載されているうえに、材料からのレシピ検索もできるのが嬉しい!『料理メモ』もかゆい所に手がとどく感じで、本当によく利用させてもらっています。
アイディアをいただいて、自分流にアレンジして作っています。


私がよく作るのは

  • もやしの炒めもの(きんぴら風・塩味・だし醤油風味など)
  • ほうれん草のおひたし・胡麻和え
  • きゅうりの酢の物
  • ひじき煮
  • 大学芋
  • ポテトサラダ(カレー味もおいしい)

節約の代名詞、もやし(笑)でもそれだけでなく、アッサリといただけるので気に入ってます。あとはその時々によって、ほうれん草が小松菜やチンゲンサイに変わったり、酢の物がナムル風になったりと様々ですが、だいたいこんな風な野菜中心のローテーションです。

作ってみてわかったことは、まず、私の料理の色目が地味(笑)全体的に茶色っぽい。彩りって大切だと、あらためて反省。

それはさておき、『つくりおき』があると夕食を作る時とても『楽』。『楽』というのは時間的にも気持ち的にも余裕が生まれ、ちょっとだけ夕食作りが楽しくなるということ。もっと早く試してみればよかったです!


週末用『つくりおき』


この便利さとうれしい感じ、絶対週末に使える!そう確信しました。

そこで次は、週末用『つくりおき』に挑戦。

週末用は主菜、副菜両方を用意します。
これで週末の憂鬱から開放されて、そのうえ節約(外食が減る)までできるとしたら・・・なんという幸せ!

 

今回作ったのはこちら。

 

初!週末用作りおき


中華あんかけ肉団子
鶏とゆで卵の照り焼き
チンゲンサイとエノキのおひたし
チンゲンサイとパプリカのナムル
ひじき煮
ブロッコリー(茹でただけ)
子どもの弁当用ミートボール(小さい器の)


です。余った野菜で味噌汁の具も用意できました。


うーん、実際にはこれだけでは足りないかもしれないですねぇ。でも、あとはパッと作れるたんぱく質系の物や汁物を足してやれば、大丈夫かな。


私、今まで料理に対してすごく苦手意識があって。
自分は頑張ったつもりなのに上手くできない時なんか『苦手だからしょうがない』って言い訳しながら料理してました。でも苦手なら苦手なりに、こうやって心の余裕がある時に準備して、常に頑張らなくていいように工夫すればよかったんだなぁ、と料理に対してちょっと心が軽くなった気がしました。

なんだか、週末のごはんが楽しみになってきたかも⁉︎

(単純すぎますかね〜(^_^;))




* ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村