読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

魚をさばく時はハサミを使います

愛用品

魚をさばく時、何を使っていますか? 

 

魚をさばく際、多くの方が出刃包丁を使用していると思いますが、私はいつもの料理と同じ三特包丁を使っています。 出刃包丁も使ってみたいのですが、手入れを考えると躊躇してしまって、いまだ購入に至っていません。

私の三特包丁は刃渡り14センチ。手が小さい私には普段の料理にはこのくらいの大きさが丁度いいんです。
今のところ、特に不便を感じたことはないですが、 ただ一つ、少し大きな魚をさばくとなると、骨を切り落とすことができません。

水産用の万能ハサミがおすすめ

 

そこでいつもお世話になっているのが、このハサミ

タナカ水産用万能ハサミ

【タナカ 水産用万能鋏】

『水産用』というだけに、背ビレ、胸ビレ、中骨もバッチリ切り落とすことができ、バツグンの安定感。いい仕事をしてくれてます。

そしてまた『日本製』というところもお気に入りの理由の一つ。
安心感があるし、物も確かな気がして。

以前は普通のキッチンバサミを使用していましたが、何度も使っているうちに、ある日中骨を切る際、真ん中の留め具のところからパキッと壊れてしまいました。
きっと相当な負荷がかかっていたんでしょうね。中骨、硬いです。

通常は、『それ専用』みたいな道具は増やさないようにしているのですが、また使用中に壊れると危ないですし、結構頻繁に使うので、キッチンバサミとは別に用意しました。今では必需品です。

魚をさばくのにハサミを使うことに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、

ハサミ、結構おススメです。

 

誰かに『良いのあるよ~』って言いたかったのに、あまりこういう道具を必要としている人が周りにいなかったので、つい記事にしてしまいました。

 

どこかの回し者ではございませんので、ご安心ください(笑)

 

でも、もしかすると、こんな一主婦の発する情報でも、情報を探してる誰かにとっては何かの参考になるかもしれないし、お役に立てるかもしれない、、ので、今後もちょくちょく紹介していけたらなと思ってます。


ちなみに、

今回、どうして私がこのハサミを取り出したのかというと、昨日、釣りを再開したばかりの夫がさっそく釣ってきてくれました。

 

キビレとマゴチ

  キビレ&マゴチ


久々に新鮮な魚を食べられる喜びと、さばかねばならぬ現実。
特に、マゴチは今回初めてさばきます。

まずはこちらで予習


本ごちのさばき方(flathead)



こんな風に手早くきれいに美味しそうにさばけるように、なりたい、、、。

道のりは険しそうです。


* ランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村