シンプルに質素に暮らす

背伸びせず、身の丈にあった生活を送りながら楽しく暮らしたい!

運動会のお弁当

先々週、次女の小学校の運動会がありました。

f:id:ringringo:20171007203704j:plain


次女は小学6年生。中学生になると運動会のお昼ご飯はお弁当でなく給食になるので、私が運動会のお弁当を作るのは今年で最後となります。少し寂しい気持ちもありますが、実はそれよりもお弁当作りからの解放感のほうが大きい!


運動会のお弁当って遠足のお弁当とはまた違うんですよねぇ。運動会のお弁当の方がプレッシャーが大きい。周囲と比較しちゃうからでしょうか。小っちゃいヤツなんですよ、私って人間は。あと、前日から準備して当日も早起きして8割方出来上がったころに中止のお知らせを受けた時にはもうガックリなんてもんじゃないですよね。皆さんもそんな経験ありませんでしたか?

最後のお弁当は一番手抜き!?

そして最後の今年。前日は大雨でお弁当用食材の買い出しも断念。
もう冷蔵庫にあるもので作る!と開き直り、今までで一番簡単、手抜きになりました。
でも気負いがなくなったからか、いろんな意味で本当に楽でした。

メニューはこんな感じ 

今年のお弁当メニューはこんな感じ。

おにぎり
鶏肉のみそ漬け焼き
ハンバーグ
卵焼き
ちくわのしそチーズ巻き
ハム・レタス・果物

です。

お肉類は冷凍保存してたものを利用。あとの食材もすべてその時冷蔵庫にあったものです。
鶏肉のみそ漬け焼きは鶏肉を夜のうちに味噌に漬け込んで、翌朝はオーブンで焼くだけ。ハンバーグは夜に焼いたのを冷蔵庫に保存して、翌朝レンジで温めなおしてソースをからめました。ちくわのしそチーズ巻きも前夜に準備。翌朝にレンジで温めてチーズを溶かしたら完成。
当日の朝、まともに調理したのは卵焼きとおにぎり。あとは果物を切っただけ。毎年必ず唐揚げを作っていましたが、唐揚げがなかったらこんなに楽なのか!と思い知りました。


ちなみに、お弁当の入れ物は重箱でなく、1人に1個ずつお弁当箱で用意しました。取り分けるようにすると食べ残しが発生するので、ノルマ制(^_^)v
ここで普通なら作ったお弁当の写真を掲載するところなんでしょうが、ないです。余裕ぶっこいていたら、いつの間にか出発時間ギリギリになってしまい、お弁当の写真を撮る余裕なかったです。

反省点

簡単にできた割には子ども受けも良かったので、十分合格点だったと自画自賛です。ただ一つ反省すべきは野菜が少なかったこと。ほぼレタスだけだったので。ま、たまにはいいかな?


味噌漬け焼きはこちらのレシピ本を参考に作りました。 

毎日 ムリなく 手早く おべんとう (講談社のお料理BOOK)

毎日 ムリなく 手早く おべんとう (講談社のお料理BOOK)

 

 発売日を見ても分かるように、もうずいぶん前からお世話になっていますが、お弁当作りだけでなく普段のおかず作りにも役立つアイデアにいつも助けてもらってます。

ということで

運動会も無事に終了して帰宅すると、今度は夕食の準備が…。もう作るのヤダ、お疲れさま会を兼ねてアッサリお寿司でも食べに行こう!と、夕食は近くのスシローへ。するとさっきまで見かけてた顔があちこちに。あれー!?っとお互い顔を見合わせて運動会、第2部?みんな考えることは同じなんですね。


ということで、悩みの種だった運動会のお弁当もいい思い出となりました。
めでたしめでたし~です!

昨日の空

 

f:id:ringringo:20170924231521j:image

夕日が沈む前の空。

なんて色だろう。

自然にはかなわないと思う瞬間。

 

納豆が苦手だったけど克服した話

納豆が苦手でした。
あのニオイがどうにも苦手で。5年に1回くらい挑戦するのですがことごとく敗北。それ故、納豆好きの相方には申し訳ないと思いつつ我が家の食卓には今までほとんど登場しませんでした。

そんな私がついに納豆に目覚めました!きっかけは…なんなんだろう?年齢・体や味覚の変化?それもありますが、やっぱり納豆って体にいいんだな、食べたいなと強く思うようになったことでしょうか。

納豆を食べたいと思ったきっかけ

納豆といえば言わずと知れた健康食。


f:id:ringringo:20170921153646j:plain

納豆 - Wikipedia

テレビや雑誌などでもちょくちょく取り上げられているので、『何がどこに効く』とか『どんな成分が含まれている』などそこまで詳しいことは知らなくても、多くの人が『体にいいらしい』ということはインプットされているのでは?かくいう私もその一人で、だからこそいつかは食べられるようになりたいとただ漠然と思っていたのでした。

1冊の本と出会う

そんな時、1冊の本と出会いました。
『栄養素キャラクター図鑑』

 

子どもがイラストを気に入って買った本なのですが、栄養素をキャラクター化して、その働きや特徴はもちろん、不足したり、摂りすぎると体にどんな影響があるのか、また、『生息地』と称してどういった食品に多く含まれているかなど分かりやすく解説してくれています。『僕が不足すると肌がカサカサになるんだよ…』みたいなことも書いてあるので子どもが『母、これが足りてないんじゃない?』といちいち教えに来てくれたり。
だんだん私も気になってきて読んでみると、『生息地』に納豆や大豆がけっこうな頻度で出てくるんですよね~。

「これはやっぱり納豆食べるしかないわ」
と決意しました。

納豆選び

私の食べ方をご紹介。納豆が苦手な方には参考になるかも?
まず、食べ方というよりも納豆選びから。
私の場合、ニオイが一番の苦手要因だったので、最もニオイが控え目であろうと思われた『ミツカンにおわなっとう』

f:id:ringringo:20170921162802j:image

 

www.mizkan.co.jp

におわない納豆、におわん納豆、におわなっとう…ミツカンさんがネーミングでここまで言い切っているのだから間違いないでしょう!という思いのもと試してみたところ、今までで一番食べやすかったです。納豆好きな方からすると無臭に近いらしいですが、やはり無臭ではないw

最強!青じそドレッシング

『におわなっとう』は他のものに比べて確かにニオイが少ないです。タレも付いていますが、最初はそれだけではやっぱり納豆のニオイが気になって。もうひとパンチ欲しいと。
そこで相方から勧められたのが、青じそドレッシングです。えー!?と半信半疑使ってみると青じその香りが絶妙に納豆の香りを弱めてくれて『美味しい!』ほぼ納豆の香りが気にならなくなりました。(この瞬間、私の中で納豆の『ニオイ』は『香り』になった)

青じそドレッシング納豆、最強!
そして、だんだんと納豆に慣れてくると、他の納豆でもニオイが気にならなくなってきて。こうして私はついに人並みに納豆を食べられるようになったのでした。 

 

と、いうことで

栄養のバランスはできるならサプリメントなどでなく、普段の食事の中で整えたいと思うのは私だけでないはず。納豆がすべての栄養バランスを補ってくれるわけではないけれど、食べられるようになったことは私の中では大きかったです。使えるアイテムを1つ獲得した!感じ。
これも『におわなっとう』さんのおかげです。開発してくれた人に感謝。
ありがとうございました!

何歳になっても、『好き嫌いを克服できた』っていうのは嬉しいものですね。ニンジン嫌いなあのコにも今度教えてあげようっと(^-^)

勉強机の今

長女・中学3年生。夏休みが終わる頃、ついに彼女が勉強机を使い始めました。

 

こちらの記事を書いてから約1年3か月。 

simple-sisso.hatenablog.com


長女の中学入学に合わせて購入したものの、ほぼ使われることなく、時には勉強道具の仮置場に時には次女の日記専用机(日記を書く時だけ使う)にと、自由気ままに使われていた我が家の勉強机。まだ数日ですが、ついに本来のお役目である長女の勉強机になろうとしています。購入から約2年半、ようやく日の目を見た(涙)

といっても、ダイニングテーブルでの学習も続いているので、気分転換を兼ねていつもと違う場所で勉強するといった感じでしょうか。それはそれでいいのかなと思っています。(集中して勉強してくれるのならどこでもいいと母は思う)


そういえば、いつもの場所ではない所で勉強するのって新鮮というか、普段よりやる気になったりしませんでしたか?図書館だったり、学校の自習室だったり、、私の場合は兄の勉強机でした。時々内緒で使っていましたが、ちょっと偉くなったような、賢くなったような気がして。いつもより集中できていた!きっと(笑)

そんなことを思い出して懐かしさに浸ったりしています。

f:id:ringringo:20170901202400j:image

金閣寺のお札とアニメグッズに見守られて…勉強もはかどる?)


今後勉強机での学習が定着するのかどうか見守っていきたいです。


悪夢

川の字になって寝ています。
4人家族だから正確には4本線っていうか鯉のぼりみたいな感じです。

f:id:ringringo:20170826135602j:plain

先日、久しぶりに悪夢を見ました。
誰かに首を絞められるという怖い夢です。苦しくてもうダメだと思うと力をゆるめて、ホッとすると途端にまた絞めつけられる。
怖いでしょ?苦しくて、本当に苦しくて。

でも、夢って途中で、あ、夢だ!って分かってくる時ありませんか?
で、今回も夢の中で『この感じ前にもあった気がするなー』とだんだん冷静になってきたので目を開けてみると、

隣で寝ていた長女の腕(手?)が私の喉元をグイグイ、グイグイ押してました。
腕を伸ばしたかったみたい、、、

死ぬかとおもったわ!

彼女は小さい頃にも私の上に乗っかって寝てたことがあり、その時もうなされて目が覚めました。
普段寝相はそれほど悪くないのに、時々怖い長女です。

朝、本人に伝えると爆笑してましたけどね( ̄ー ̄)
こっちはメチャメチャ苦しかったっていうのに。
もう勘弁してほしいです。

かき氷

暑いです。
もう、毎日毎日暑いです。

夏休みもあと少し。特別どこかへ行くということも大イベントもなく夏が過ぎようとしています。小学生(次女)はラジオ体操に学校のプール、中学生(長女)は部活や高校の体験入学、あとは宿題して帰省してきた従兄弟と遊んで、地元の祭りに行って、、という夏休みでした。周りでは長期休みには何か特別なことを計画しなきゃいけないような空気もあったりますが、いやいや、そんな毎年、毎回計画できないよ~。

夏休みっていうだけで、それだけで非日常。
もし退屈な時間があったとしても、それさえも贅沢だったと思う日がくるはず。
(と、言い訳?してみる)

まぁまぁ、かき氷食べてちょっとクールダウン。


f:id:ringringo:20170824153856j:image

思うようにはいかないもんだ

誰かと一緒に過ごすのも好きだけど、一人の時間を過ごすのも大好きです。

f:id:ringringo:20170708094638j:plain


ところが、今日は好きなように自分時間を満喫するぞ!と楽しみにしているときに限ってトラブルだったり、急用だったりがやってきたりするわけで。

子どもたちが続けざまに胃腸炎になり、オタオタしてます。
腸炎でも嘔吐はなく、一人は発熱と下痢、一人は胸のムカムカのみという。胃腸炎といえば嘔吐と下痢のイメージでしたがこういうパターンもあるんですね。久々の胃腸炎に、どう対応すればいいのか焦りと戸惑い。

それにしても病院で『どんなものを食べましたか?』って尋ねられたとき、なんであんなに言い訳っぽく答えてしまったんだろう(苦笑)
先生は状況や原因を知りたいだけなのに、自分で勝手にいろいろ考えて責められているような気になって。普通にあるがままに答えることが大切なのに。家族の食事を作るのは私なので、食事が原因となるとツライです。といっても、今本当に辛いのは子どもの方なわけで。


検査の結果、細菌性の胃腸炎ではなかったようですが、季節柄、食べ物の取り扱いには気を付けなければと心の底から思いました。

元気が一番、健康第一

そういえば、昨日あたりからセミの鳴き声が聞こえてきました。今夏初。
梅雨明けが近いのかな?
梅雨明け、待ち遠しいです。